歯ぐきが腫れる、血が出る 歯周病治療

たけだなおや歯科クリニックの歯周病治療

歯周病は日本の成人のうち約8割が罹患している、もしくはその予備軍ともいわれている国民病です。歯ぐきが炎症を起こし、ひどくなると歯を支える顎の骨が溶かされていきます。最終的には歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周病は歯周組織に異変は起こるものの重度になるまでほとんど痛みなどはありません。ですから、気がついたときには「歯がグラグラして抜け落ちる寸前……」という深刻な状況になっていることもないわけではありません。

歯周病のサインは「歯ぐきが赤く腫れあがっている」「歯みがきのときに歯ぐきから血が出る」。思い当たる症状があれば、お早めに当クリニックまでご相談ください。

歯周病の代表的な症状
~一つでも当てはまればお早めにたけだなおや歯科クリニックへ!~

歯周病の原因

歯周病の直接の原因は歯垢の中に生息する歯周病菌ですが、そのほかにも体質や年齢、生活習慣なども関連しています。

歯周病菌は、免疫力低下により活発になります。もともとの体質も関係しますが、免疫力が低下してくるおおむね30代以上での発症が多いのはこのためです。また、それまでと同じようなケアだけでは発症しやすくなりますし、歯ぐきにダメージを与える歯ぎしりや強すぎる噛み締めによる「咬合性外傷」といった癖も原因の一つとして考えられています。

早いうちにご自身の歯周病リスクを自覚し、適切な予防を行いましょう。

歯周病と全身トラブル

歯周病菌は体内に侵入することで炎症を起こし、全身トラブルの原因となることがあります。特に血管内では血栓をつくりやすいため、命にかかわるような重篤な病気の原因になりえることも指摘されています。

歯周病菌が原因とされる全身トラブルの例

歯周病の治療法

歯周病治療は、進行段階により適切な治療法が異なります。

軽度

ブラッシング指導
一人ひとりのお口の環境に適した正しい歯みがき方法を指導します。
※歯みがきは歯科医院での治療と合わせて行うご自宅でのケアとなりますので、継続して指導することがあります。

PMTC
専門家が専門の機械を用いて、歯をピカピカにみがき上げるクリーニングです。毎日の歯みがきでは落としきれない汚れを除去します。みがき残しの出やすい、歯と歯の間、歯と歯ぐきの間まで徹底的に清掃します。
中等度

スケーリング
「スケーラー」という器具を使って普段の歯みがきでは取り除けない、歯に付着したプラークや歯石を除去します。

ルートプレーニング
スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケット奥深くにこびり付いたプラークや歯石を「キュレット」という器具を用いて除去します。同時に、スケーリング後のザラついた歯面をなめらかに仕上げることで、汚れの再付着を防ぎます。
重度

フラップ手術
局所麻酔をした後に歯ぐきを切開して顎の骨からはがし、露出した歯根に付着しているプラークや歯石を除去します。また、感染した組織も取り除きます。

ページの先頭へ戻る