子どもの口の健康を守りたい 小児歯科

たけだなおや歯科クリニックの小児歯科

乳歯や生えたての永久歯は、大人の永久歯と比べてエナメル質・象牙質が薄く、虫歯になりやすいうえに、発症するとあっという間に進行してしまいます。また、乳歯の虫歯は、永久歯の歯列や虫歯にも大きく影響します。

お子さんに虫歯リスクが生まれるのは、乳歯が生え始めた生後半年くらいから。また、お子さん自身が歯を守るためのケアを自分でしっかりできるようになるのは、小学校中学年くらいからです。それまでは親御さんのサポートが重要になってくるのです。当クリニックでは、そんな親御さんと一緒に、お子さんのお口の健康を守るお手伝いをいたします。気になること、困っていることがあれば、何でもご相談ください。

お子さんの歯科治療のポイント~親御さんへのお願い~

歯を守ることは大切なことだとお子さんに伝えてください

親御さんをはじめご家族の方が歯科治療に対する正しい理解を持ちましょう。過去の治療経験から治療に抵抗を感じる方もいらっしゃるかと思いますが、お子さんにはそういった認識はもともとありません。叱ったり怖がらせたりすることなく、歯科医院のお話をしてあげてください。

ご来院の際はウソをつかないでください

嫌がるお子さんをお連れいただくときに、何もいわずに来られると治療がスムーズに行えない場合があります。また、「見るだけ」「痛くない」ということも、実際の治療の妨げとなることがあります。お子さんがだまされたと感じることなく、自分からすすんで治療に臨めるようにしてあげましょう。

「注射」という言葉は使わないでください

治療で必要な場合は局所麻酔を行いますが、「注射」という言葉が苦手なお子さんもいらっしゃいます。痛みを感じさせないさまざまな工夫を行うだけでなく、「注射」ではなく「麻酔」という言葉を使用しています。親御さんもご協力ください。

治療が終わったら大げさなくらいほめてあげましょう

治療後はどんな小さなことでもかまいませんので、できたことを大げさなくらいほめてあげてください。親御さんの言葉のご褒美が、何よりお子さんの励みとなり、次の治療への活力となります。

たけだなおや歯科クリニックの小児歯科への取り組み

親御さんの治療への同席OK

お口の状況や治療内容について、きちんとご説明いたします

食育についてのアドバイスもいたします

最適なおやつの与え方、ダラダラ食いの悪影響について、親御さんが気になる食事やおやつのコツについてアドバイスいたします。

お口の健康に関心を持っていただけるような工夫をしています

虫歯の悪影響ばかりではなく、お口の健康を守るといいことがあるよ、といったように、お子さんにも親御さんにも好意的に関心を持っていただける診療に取り組んでいます。

小児歯科の診療メニュー

ブラッシング指導

お子さんの発達段階やお口の成長に合わせた適切な歯みがき方法、歯ブラシの選び方、親御さんの仕上げみがきのコツなどをご指導します。

【ご自宅でのケアのアドバイス】

シーラント

食べカスがたまりやすい6歳臼歯(奥歯)の溝を、歯科用プラスチックであらかじめ埋めておく処置です。食べカスの侵入を防ぐことで、虫歯を予防します。なお、定期健診できちんと機能しているかの確認が重要です。

フッ素塗布

歯の表面に市販のものよりも高濃度のフッ素を塗ることで、歯の再石灰化を促進して歯質を強化し、虫歯に強い歯をつくります。乳歯にも生えたての永久歯にも効果的です。

過剰歯の抜歯

乳歯でも永久歯でもない歯が、本来生えてくる本数より多く生えてくる場合があり、これを「過剰歯」といいます。将来の歯並びに悪影響を及ぼしたりケアをしにくくしたりすることがあるため、抜歯をすることがほとんどです。当クリニックでは適切なタイミングで抜歯を行います。

小児矯正

お子さんの歯列の乱れは、顎が狭いために歯が並ぶスペースが不足しているケースがほとんど。そのため、骨の成長に合わせて顎を少しずつ拡げる矯正治療(床矯正)が主になります。お子さんの身体が成長する力をうまく活用して矯正を行います。小学校入学から中学生2年生くらいの間に行うと、小さな負荷で効果的な矯正が行えます。

当クリニックでは、矯正の専門医を外部から招いて治療にあたります。矯正期間中の虫歯などのトラブルにも対応できるため、安心して治療に臨んでいただけます。

親御さんに向けて

食育について

お子さんの味覚を発達させ、歯の健康にも大きく影響するのが毎日の食生活です。当クリニックでは、お口の中を清潔に保つことの重要性と同時に、身体や味覚を発達させる食事やおやつなどの生活習慣についてもアドバイスいたします。

妊娠中の方へ

妊娠中は免疫力の低下やホルモンバランスの変化によって、虫歯や歯周病になりやすい時期です。特に妊婦さんの歯周病は、早産や低体重児出産などのリスクがあるため、十分な注意が必要。当クリニックでは、安定期に入った妊婦さんの歯科治療や緊急時の応急処置にも対応しております。ご来院時には、妊娠中であることをお伝えください。

ページの先頭へ戻る